ホームイベントカレンダー [2019年7月]

イベントカレンダー

2019年7月
  • ■ハリス理化学館同志社ギャラリー第19回企画展・岸和田城企画展 「近代の夜明けとキリスト教―岸和田と同志社」

    開催期間: 2019年7月2日(火)~8月25日(日) <閉館日>月曜日、8月10日(土)~16日(金)
    料金: 無料

    <展示内容>
     岸和田と同志社の最初の接点は、1878年(明治11)7月20日、同志社の創立者新島襄が初めて岸和田を訪問した時です。以来、今日までおよそ141年間両者の関係は広範かつ重層的に広がってきました。この関係の端緒を開いた人物が、かつて岸和田藩第13代藩主であった岡部長職で、岡部が岸和田での窓口として紹介した人物が元藩士の山岡尹方でした。
    山岡は、岸和田藩や堺県の要職を務める一方、煉瓦製作所設立、第五十一国立銀行設立発起人として知られる人物です。また、新しい時代を学ぶ場として時習社を結社しました。新島や同志社の受け皿になった組織がこの時習社です。
    岡部が新島に紹介した山岡は、岸和田と同志社の関係を構築する核となりました。本展ではキリスト教を手がかりとして藩主が導いた岸和田と同志社の関係を山岡家所蔵資料などで振り返ります。

    ●主催
    同志社大学同志社社史資料センター

    ●開催場所
    ハリス理化学館同志社ギャラリー2階企画展示室(同志社大学今出川キャンパス)

    ●問い合わせ先
     ハリス理科学館同志社ギャラリー tel:075-251-2716


    ミュージアムの詳細を見る

シチュエーション別で探す
  • おひとり様で楽しめる
  • 友達と楽しめる
  • 家族・子供連れで楽しめる
  • デートで楽しめる
  • 講座・レクチャーを受けられる
  • 定例イベントがある・体験できる
  • 駐車場がある
  • ミュージアムショップがある
  • 館内に食事・喫茶施設がある
趣味別で探す
  • 日本の美術に興味がある
  • 海外の美術に興味がある
  • 歴史・文化に興味がある
  • 伝統工芸に興味がある
  • 大学関連のミュージアムに興味がある
  • 企業関連のミュージアムに興味がある
  • 寺社関連のミュージアムに興味がある
  • 建造物に興味がある
  • 国宝・重要文化財に興味がある
地域別で探す
  • 洛北エリア
  • 洛中エリア
  • 洛東エリア
  • 洛西エリア
  • 洛南エリア
  • その他エリア